読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思い出(泣)

ムダ毛。なんて嫌な言葉だろう。そして嫌な現実だろう。私は、小学一年生の頃には自分が毛深い事に気づいていた。

特に腕。夏になれば嫌でも目に入るし、幸か不幸か色白のせいでそれは更に強調される。しかも、長いタイプの毛だった。弟も毛深い方だと思っていたけど、当時の私よりは少なかった。それでも小学生の時は良かった。夏になれば日に焼けるし、毛深い女の子も何人もいた。田舎で育ったので基本的に子ども達はみんな優しい。人を傷つけるような事を言ってはいけないとみんな思ってた。中学にあがってからは憂鬱の連続だった。ほとんどの人はスルーしてくれるのだが、友人の1人が執拗に私の腕をからかってくる。今思えば彼女も色白で、私ほどではなかったけど毛深いほうだったから、私の存在がある意味うれしかったのだろう。でも、当時の私はムカついた。大人しかったというのもあって言い返せなかった。

そして高校。なんとその子と同じクラスになる。気の優しいところもある楽しい子だったので、忘れていたけど、初めての夏服の日。「腕見せて~~」とみんなの前で言ってきた。当時の私は、ムダ毛を処理する事を覚えたので、パッと見キレイな腕をしていた。それが面白くなかったのか、顔を曇らせ。しかし、私がカミソリで処理をしたのだという事にすぐ気づき「触らせて~~」と言ってきた。絶対に嫌だったので、拒否した。友人もねっからの悪人ではないので、あまりしつこくされなかったんだけどきっと周りの友達には私の事を言ってたと思う。それぐらいしかからかわれてないし、いじめにつながったわけではないけど、思春期の私の心は傷ついた。その頃から、彼女とは一線をひいてしまったけど、後悔はまったくない。人のコンプレックスを執拗にいじってくるなんてひどい女だと今でも思う。

私は嫌な事は忘れない。

大人になった私は、通販でムダ毛処理機を何個か買った。ものすごく痛かったり、あまりキレイにできなかったり、効果をまったく感じられなかったりした。豆乳ローションにも手を出した。当時流行った豆乳ローションの本を書い、理科の実験のようにがんばって作ったけど、私には効果がなかった。おすそ分けした友人には効果があったようなのでちょっと悔しい。エステで脱毛したこともある。でも、遠方だった事、料金の事、同居の親に行き先を伝えるのが恥ずかしかった事で徐々に行かなくなった。あの時に行っておけば・・・。きちんと脱毛しておけば、ノースリーブのワンピースを着てオシャレできたなぁ。と今でも後悔している。